Skip to content


濾過について

なぜ、濾過が必要かと言う事は、皆さんご存知の通りレッドビーシュリンプの排泄物、残り餌などから発生する生体にとって有毒な物質、中でも特にアンモニアは毒性も強くそのままではやがて水槽崩壊につながってしまいます。
そこで濾過、特にバクテリアによる生物濾過ということが避けることの出来ない課題になります。


アクアリウム一般における濾過は、生物濾過と物理濾過の2つに分けられると言われていますが、私がレッドビーシュリンプを飼育してきた範囲では、生物濾過と物理濾過を分けて考えるということは少し違うように感じています。 何が違うかと言うと、たとえば物理濾過のためにウールを濾過槽に入れたとしましょう、そしてそのウールは餌の残りや糞などをメインの濾材へ行く前に物理的にそこに集める役目を果たします。しかし、よく考えてみてください、一番初めにバクテリアが湧くのはそこではないですか? バクテリアの繁殖する条件がそこにはあるはずですから。 とすれば、物理的に取りあえず大きなものをそこに集める目的であるはずのウールも、十分生物濾過層の役目をはたしていると思うのです。
結論として、捉え方の問題で生物濾過と物理濾過と一応大まかに分かれてはいるものの、バクテリアによる生物濾過はどちらでも行われていると言う事がポイントだと思います。
濾過槽設置初期の段階では(特にエビ単体での飼育の場合)、一般的に言われる「物理濾過のためのウールは、1週間に1度は洗浄または交換しなさい」は、生物濾過が立ち上がるまでの状態では、してはならないメンテナンスであるといえます。
私も最初は、何も分からずせっせとメンテナンスをして、1ヶ月に1度はメインの濾材を洗っていました。 いくらやってもうまく行きませんでした。
結局バクテリアが湧いてしまう前に、バクテリアの餌となるものをせっせと洗い流し、おまけにほんの少し発生していたであろうバクテリアさえも洗い流していたということだったのです。
普通の、熱帯魚や大型の肉食魚ならともかく、レッドビーシュリンプの場合、餌の量からして水をそんなに汚すことはないと思われます。 当然生物濾過の立ち上がりも非常に遅く、立ち上がるまでには私の水槽で半年以上かかっています。それまでに、いかに状態を悪化させること無く生態の維持をするかが一番のポイントなんですね。
なぜソイルが良いか? セット初期からレッドビーシュリンプの好む水質で安定するというのが一番の理由なのではないでしょうか。


Posted in 濾過について.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.