Skip to content


644水槽立ち上げ3日目

レッドビーシュリンプ投入予定で立ち上げた、644水槽の立ち上げ後からのPHの推移を記録しておきます。
1日目(立ち上げ直後)・・・・・PH6.8
  1日目(6時間後)・・・・・・・・・PH7.4
  2日目・・・・・・・・・・・・・・・・・・PH7.2~6.5
  3日目・・・・・・・・・・・・・・・・・・PH6.1


ソイルを使った結果、徐々にPHは降下してきています。
立ち上げ直後から、しばらくPHが上がったのは、水道水をマーフィードフィルターを通して、水槽に入れているのですが、はじめに水道水中に含まれているCo2が抜けて、PHが上昇するものと思われます。
私のところではいつも、セット直後のPHの推移を見ていると、同じようにPHは上昇します。
この辺は、PHが高いのでしょうか?ソイルを使わず、PHを降下させるものが何も無い状態では、PHが8近くまで上昇していまい、PHを下げるのに苦労していましたが、ソイルを使う事で、PHをレッドビーシュリンプを飼育しやすいレベルまで下げる事が容易に出来ます。
今まで、ソイルを使わず飼育する方法を模索して来ました。
そして、繁殖にまでこぎつける事が出来ましたが、メンテナンスの難しさ、飼育水が出来るまでにかなりの時間がかかってしまうこと・・・などの理由から、今回はソイルを使用しています。
ちなみに、ここまでしなくても、地域によっては水道水がそのままレッドビーシュリンプの飼育環境に適している地域もあって、PHが7前後でも、簡単に繁殖できている方もたくさんおられます。
実際、私の知り合いのところがそうで、ここからそれほど離れていない所ですが、水源地が違うためでしょうか、水道水をそのまま放置してもPHが6.8でした。 そして、何の苦労も無く繁殖しています。
この事からも、PHだけでは決して無いようですね・・・。
おっと、644水槽のPHの推移から、話が膨らんでしまいました。
飼育記録と、こういう内容も、カテゴリーを分けて書いていかなければならないのか?
ブログという性質上、そこまで考えなくてもいいの?
ま、いずれ、静的コンテンツとしてまとめる考えは有りますから、これはこれ(笑)という事で・・・。


Posted in 644水槽.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.