Skip to content


644水槽でレッドビーシュリンプ飼育開始

644水槽で、飼育を開始する事になったので、その事についても記録しておかなければ・・・!
644水槽、新規立ち上げから、5日目でレッドビーシュリンプ飼育開始です。
644新規立ち上げ水槽で飼育する事にしたのは、633水槽で飼育していたレッドビーシュリンプです。
5日目の今日は、PHも5.8にまで下がり、PH的には落ち着いてきました。
しかし・・・・


今日、ショップで「アマノのアクアソイルは、初期にアンモニアが出る」という、とんでもない情報を聞き、半信半疑で、水質を調べてみた所、なんと本当にアンモニアが検出されました。0.01mg/L と言う数値でした。
(先日の633水槽初期の時に、弱っていたレッドビーシュリンプが☆になった原因が、ここにもあったのかもしれません・・・)
新しく家に来たレッドビーシュリンプを633水槽で飼育する事にした理由は、この事です。
そこで、バクテリア投入の効果を期待して、633水槽のスポンジフィルターを、644水槽内で揉み洗いしました。
慎重な水合わせ後、少し酷とは思いましたが、レッドビーシュリンプを引越しさせました。
今日の所はみな元気につまつましています。
633水槽に、稚エビがまだ10匹以上残っていますが、繁殖サイズになるまでには引越しさせなければ・・・
10匹ほどの稚エビを644水槽に引越しさせたので、孵化したレッドビーシュリンプのほとんどが、生き残っているようです。
明日も、アンモニア濃度を測ってみる予定です。
今日の、スポンジフィルター揉み洗い作戦が効いていてくれるといいのですが・・・。
ちなみに、633水槽のアンモニアは全く検出されませんでした。


Posted in 644水槽.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.