Skip to content


8日目の644飼育水槽

セット後8日目のレッドビーシュリンプ644飼育水槽の状態です。
今日もアンモニアが検出されました。
試しに、亜硝酸塩と、硝酸塩も調べてみました。
亜硝酸塩ですが、検出しているかしていないかの微妙な色で、少しあるような感じでは有ります。
硝酸塩は全く検出されませんでした。
レッドビーシュリンプはつまつま度80パーセントくらいで、変わりありません。
飼育水のPHは、昼間で5.6でした。
PHが低く、アンモニアがアンモニウムイオンに変わっているために、毒性が低く、今の状態では問題は無いようなのですが、バクテリアが繁殖し始めて、アンモニアから亜硝酸に変化した時に、PHは関係なく毒性は有るようなので、亜硝酸から硝酸塩に変化するまでの間(亜硝酸から硝酸塩に変化させるバクテリアが繁殖するまで)非常に危険な状態になります。
この期間を乗り越えれば、後は楽に飼育できるはずなのですが・・・。


そこで今日、前から気になっていた、ケイ酸塩白土(モンモリロナイト)の効果を試してみようかと思い、ほんの少量(小さじ一杯)ですが、モンモリロナイトの粉末を水槽内に入れて見ました。
活性炭の何倍もの吸着能力があり、アンモニアはもちろん、亜硝酸までも吸着して、硝化バクテリアに有効なミネラル分を放出すると、至れり尽くせりと言われていますが、実際どれほどのものなのか? 常々疑問に思っていましたから、いい機会です。
 PHが急激に上昇してしまう可能性も考えられるので(私なりの考えですが・・・)小さじ1杯分と、少量で試してみる事にしました。 これでは、量的に少なすぎるかもしれませんが、この状態で明日アンモニアの検査と、亜硝酸の検査をして、少しでも少なくなっていれば、とりあえず吸着していると判断しようと思います。
 気になったPHですが、投入前後で変化はありませんでした。
今まで、何回かアマノのアクアソイルで水槽を立ち上げたことが有りましたが、アンモニアが検出されるとは夢にも思わなく、アンモニアを計ることもなく、普通に立ち上げて来ましたが、検出された事実が判明してからは、どうしてもその事が気になってしまいます。 あまり飼育水に手を加えたくないのですが、今後のために、モンモリロナイトは試してみました。


Posted in モンモリロナイト, 644メンテナンス.

Tagged with , , , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Donny says

    Nobuさん こんばんわ~!
    化学会社に勤めるDonnyには非常に興味のある記事です。
    生物の排泄物等が分解される過程においてはアンモニアは経由せざるをえない物質。
    そいつを分解するバクテリアをバランスよく育てなければいけないということはすごく面白くて、更には猛毒の亜硝酸塩を硝酸塩にまで酸かするというバクテリアがいることにもびっくりしました。
    フラスコの中では簡単なんですけどね~
    生物に任せるところが奥の深い世界だなぁ~って思いました ^-^
    ちなみにモンモリロナイトは化学界でいう酸性白土なんかの原土なんで期待できるほどの吸着能力は無いかもです。(NH4+なんかのイオン交換には期待できるかも)
    逆に粘土なんで水を濁らせたり濾過機を詰まらせないかが心配です・・・
    僕は素人なんで良くわかりませんが、木炭なんかの多孔性の物を入れておけばバクテリアの繁殖に期待できないでしょうか?
    (穴の中にバクテリアを住ませるという単純発想ですw)
    間違ってたらごめんなさい(汗

  2. Nobuyuki says

    Hi Donnyさん
    これは心強い味方が出来た! って感じです。
    木炭とか、おっしゃる通りなのですが、飼育水のPHを上げたくないのですよ。
    レッドビーシュリンプの好む水質では無いという理由と、今飼育水中に検出されているアンモニアは、ソイルといって、水槽の底砂に使用しているものから溶け出しているので、PHが7以上(6.5以上から少しずつ危険)になると、アンモニウムイオンではなく、アンモニアとなり毒性を発揮してしまうので、今の状態では多分全滅ではないかと・・・・。
    ケイ酸塩白土も、なんか2種類あるみたいで、ナトリウムが主のものと、カルシウムが主のもので(間違っていたらごめんなさい)、ナトリウムが主の物は凄く膨張したりして、ろ材を詰まらせる可能性はあるけれど、カルシウムが主の物はほとんど膨張も無く、ろ材を詰まらせるような事は無いみたいです。
    以前”トレジャーストーン”という雑誌に書いていた事を、そのまま記憶しているのですが、間違っていたら、ご教授お願いいたします。
    それで、レッドビーシュリンプの飼育にあたって、そのモンモリロナイトをどうのこうの・・・と書いている人がたくさんおられますが、ほとんどが受け売りみたいなので(この2種類も混同されているようなのです)、この機会に試して見たかったのです。
    期待薄となると・・・ま、バクテリアが自然に発生するまで待つしかないですね。
     バクテリア類も、ショップに売っていたり、各メーカーさんも色々出されているのですが、どうも信用できる物が無くて・・・・(笑)この業界は、結構怪しい商品も多いです。
    書きかけたらキリが無いので・・・結構すでに長くなっていますが・・・(笑)
    Donny さん また色々ご教授くださいな!



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.