Skip to content


21日目の644飼育水槽

レッドビーシュリンプ、クリスタルレッド飼育水槽立ち上げから21日
飼育開始から17日が経過しました。
昨日が新月だったのですが、乱舞はなく、抱卵しそうなレッドビーシュリンプは居たのですが・・・・
と思っていたら、今、まさしく乱舞の真っ最中です。
脱皮はまだですが、今日はいけるんじゃないかな!。
水質ですが・・・
アンモニア濃度・・・検出されました。少し試薬の色が薄くなっているような気もしますが・・・・殆ど変化なし。
亜硝酸塩濃度・・・検出されず(微妙)
硝酸塩濃度・・・検出されず。
透明度・・・気のせいではなく、確実に昨日よりも上がっています。・・・が、まだ少し白濁あり。
PH・・・6.5
水温・・・24℃
乱舞中。


アンモニアが検出されているにもかかわらず、乱舞しています。
結果を見ないとわかりませんが、多分抱卵するでしょう。
PHが6.5以下だと、アンモニアがあっても、毒性が低いと言う事がよくわかります。
昨日のメンテナンスで、633水槽のスポンジフィルターを、644飼育水内で揉み洗いした事が効いたのか、今日は透明度が上がっています。
しかし、急激にアンモニアがなくなったわけではなく、試薬上では殆ど変化は有りませんでした。
このままうまく、立ち上がって、亜硝酸塩を速やかに硝酸塩にまで変えてくれると言う事はないのですが・・・。
亜硝酸塩が検出され始めた時に、一度レッドビーシュリンプの調子が落ちる事が予想されますので、その時がいつ来るのか?速やかに硝酸塩にまで変わってくれるのか?
この辺がこれからの観察するポイントになってくるので、もうしばらく目を離せないかな?・・・と言う所です。


Posted in 644水槽.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.