Skip to content


レッドビーシュリンプ飼育水槽23日目

644水槽の新規立ち上げから23日目。
レッドビーシュリンプ飼育開始から19日目の状態。
立ち上がりかけたかに思えた644飼育水槽ですが、今日も状態は殆ど変化がありませんでした。
アンモニア・・・濃度変化無く検出される。(昨日の給餌のためか、若干反応色が濃くなったようにも思える。
亜硝酸塩・・・検出されず。(微妙)
硝酸塩・・・検出されず。
れっどビーシュリンプは元気にしています。つまつま度80%。


Posted in 644水槽.


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. タケちゃん says

    こんにちわ。私もビーエビ赤一年前より飼ってます。底はソイル、テトラのミニ水槽、ズボラな性格のため足し水だけです。プラが繁殖して気味悪くなってきました、そろそろリセットかなと思ってます。面倒くせー。もう一個のプログレ水槽爆殖の気配あり、しかし!、グレード落ちの心配あり、水槽増やしてグレード維持?夏になれば、水温上がるし、今のうちやった方がいいか。それにしてもプラには興ざめします。

  2. Nobuyuki says

    タケちゃん さん
    こんにちは!
    コメント有難うございます。
    プラナリアは、嫌ですよね
    私も以前、”イトメ”に混入していて増えた事がありますが、それ以来イトメは止めました。
    でも、プラナリアは、基本的には状態の良い時に増えるみたいで、多すぎなければ害は無いようですが・・・。
    爆色の気配あり!ですか!
    それは凄い!
    ソイル水槽で、足し水のみがやっぱ爆殖の基本かと・・・(笑)
    そうそう、プラナリアの捕獲方法で良いのが有るので、後で記事書いておきます。
    今後ともよろしくお願いいたします。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.