Skip to content


プラナリア捕獲方法

レッドビーシュリンプを単独で飼育していると、時々、餌の糸ミミズやイトメなどからプラナリアが入り込んで、水槽内で大発生してしまう事があります。
水槽内の調子が良い時に、増えるらしいので、そんなに悪い事でもないのですが・・・
実害は無いようなのですが、なんとも気持ちが悪いですよね。
私も、何年か前にイトメに混ざっていた物が大発生してしまい、凄く嫌でした。


その時に、あるサイトで捕獲方法が書いてあったので、実践した所
凄く良く取れたので、その方法を紹介します。
題して、プラナリアホイホイ!(これは、私が勝手につけました。)
絵心が全くありませんので、へたくそなのは勘弁してください。
プラナリアホイホイ
フィルムケース(時代を感じてしまいますが・・・小さなペットボトルなどの代用品でも構いません)に、プラナリアが通れて、稚エビが通れないほどの隙間を幾つか(10個くらい)開けます。
私は、カッターナイフを火であぶり、フィルムケースに突き刺しました。
その中に、ビー球などの重りと、プラナリアが好む動物質の餌を入れます。
蓋などに、ひもを付けそのまま水槽の中に入れます。
(ひもは無くても構いませんが、水槽の中に手を入れなくて済みます。)
しばらくすると、プラナリアが寄って来て、隙間から中に入っていきます。
これを何回か繰り返すと、プラナリアの相当数を捕獲する事が出来ます。
私の場合は、いつの間にか居なくなりました。
今は、デジカメが主流なので、昔ならどこの家にも必ず有った、フィルムケースを手に入れるのが面倒かもしれませんが、わざわざ手に入れて作るだけの効果は期待できますよ!
プラナリアでお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょう!
お勧めです!


Posted in プラナリア捕獲方法.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.