Skip to content


1度の交尾で複数回の産卵を確認

633-2レッドビーシュリンプ飼育水槽の、母ビーが今日抱卵しました。
この水槽には、まだ繁殖サイズではない稚エビが22匹と、先週孵化した稚エビが20匹以上はいますが、交尾の出来るオスはいません。
 この前、グレードを分けるためにSグレードと交尾したであろうA/Bグレードの抱卵レッドビーシュリンプをこの水槽に移動させ、先週無事孵化しました。 そして、今日帰宅後エアリフト式スポンジフィルター(2台設置の右側)のスポンジを水道水で洗浄し、メンテナンス後水槽内を確認すると、脱皮の後があり、その大きさも大きかったので、母ビーを探したところ、もう片方のスポンジフィルターの影に隠れて抱卵していました。
以前、”タケちゃん”さんからのコメントでも書いていただいた様に、私のところでも同じように交尾をするオスが居ないままの抱卵となりました(1度の交尾で複数回の抱卵の確認)。 後はこの卵が無事孵化までたどり着けば、受精卵である事は間違い無い訳ですから、このまま経過を観察します。


先週孵化した、633-2水槽の稚エビ達が動き出しました。
その数は、20匹以上居ますので、経過は良好と居えます。
ところが、肝心の633-1水槽の期待して孵化したSグレードの稚エビが、今日確認したところ1匹という事態になっています。 水質を測定したところ、アンモニアも亜硝酸も検出されず・・・おかしい事に硝酸までもが検出されていませんでした????です。 先週5リットルほど水換えはしたのですが・・・硝酸も検出されていないのが気になる所です。 少し調子が落ち込んでいると言え、せっかくの一番の期待をしていた稚エビを☆にさせてしまいました。 餌を、少し多めに与えた事でバランスが崩れてしまったのでしょうか? ・・・(涙)
 他の稚エビは元気にほぼ100%育っていたのに・・・・やってしまいました。・・・こんなもんなのでしょうねぇー(涙) しばらく餌を控えて調子の上がるのを待つしかありません。 次回の孵化予定まで11日~13日くらいでしょうか、それまでに調子が戻る事を願います。  ちなみに、稚エビ以外は元気にしているのですよ・・・ホント、ちょっとした事だと思います。


Posted in 抱卵について, 633-2水槽.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.