Skip to content


3ヶ月目の洗車スポンジ濾材の様子とメンテナンス(その2)

セットしてから3ヶ月目の633-1レッドビーシュリンプ飼育水槽の洗車スポンジ濾材の様子です。
633-1水槽3ヶ月目の洗車スポンジろ材
644水槽に比べると、まだまだ最初の黄色い色が残っていて、立ち上がっているとは言えない状態でした。
一応、濾過槽の中で上下にかごを動かし、その水を捨ててセットした後、足し水をしました。


この水槽の状態は、まだまだで、何度も抱卵、孵化はしているのですが、稚エビの生存率が極めて悪く・・・というより、0%の状態が続き、最近やっと3匹の稚エビが5ミリほどまで成長した所です。
この水槽では、Sグレードのレッドビーシュリンプを繁殖させていて、最初10匹だったのが、今は50匹くらいにまで増えているのですが、これは最初に繁殖したレッドビーシュリンプ達で、その後、稚エビの生存率が下がってきたために、リセットする前に、何とか調子を取り戻したい気持ちで、洗車スポンジ濾材を導入する事にしました。
飼育数が、少なく(多分)、エアリフト式スポンジフィルターのメンテナンスも失敗?したのか、なかなかろ過が立ち上がってくれず、調子が出ないものだから、餌の量も少なく、悪循環になっているのか???もしれません。
同じ状態で、もう少し経過を見るのも良いのかもしれませんが、今回のろ材の状態を見て、思い切ってエアリフト式スポンジろ材を撤去し、外部ろ過装置の洗車スポンジ濾材のみでしばらく様子を見る事にしました。
その理由は、3ヶ月経って、外部濾過槽が立ち上がっているように思えなく(立ち上がりつつ有るとは思いますが・・・)その上、エアリフト式スポンジろ材(ブリラントスーパー)が2個有るので、飼育数の割には、ろ材が多過ぎる???のかもしれないと考えるからです。
ぜんぜん的外れな考えかもしれないのですが、今までの飼育、繁殖の経験で、簡易的なろ過装置でも十分繁殖できた事が有ったからです。 ただ、私の場合、その状態をなかなか維持する事が出来なかったため、何とか今回、外部ろ過を立ち上げて、リセットしなくとも繁殖できるようにしたいのです。
調子が出ていないといっても、親のレッドビーシュリンプが☆になる事も無く、抱卵、孵化までは辿り着いているのですから、あと少しの何かで復活すると思うのですが・・・・。 
今日より、明日。。。
明日より、明後日。。。。
毎日、毎時間、毎分毎秒・・・・・
だんだん調子が上がってくる事を信じて、今しばらく水槽のリセットしないでおこう!
・・・・それにしても、・・・Bグレード水槽の30*30*30水槽では、エアリフト式スポンジフィルターと、外掛式フィルターで、放って置いても爆殖しているというのに・・・・期待と力が入りすぎなのか???肝心の水槽が・・・・・どうしてだーーーー???!!!


Posted in 洗車スポンジろ材の経過, 633-1メンテナンス.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.