Skip to content


掃除から3日目

633-1レッドビーシュリンプ飼育水槽の底砂のメンテナンス(半分吸出し)をしてから、今日で3日目になりました。
相変わらず、レッドビーシュリンプたちが底砂をつつくので、まだ汚れが舞い上がっている状態ですが、飼育水の濁りは、徐々に回復してきています。
今のところ、レッドビーシュリンプたちは元気で、昨日の朝、乱舞(抱卵の舞)をしていたのですが、今までより力強く乱舞しているように感じました。(気のせいかもしれませんが・・・) 汚れの舞い上がりで、その汚れが、ろ材の表面を覆ってしまって、濾過機能の低下が少し気になるところですが、今の様子だと問題の無いレベルのようです。(・・・・・もうしばらくは安心できませんが・・・)
メンテナンス前の飼育水のPHは、6.0前後でしたが、メンテナンス直後、6.6くらいにまで上昇し、昨日から今日にかけて、徐々になじんできて、今のPHは、6.2~6.1くらいです。 このくらいだと、もう半分の底の汚れも吸い出して、足し水してもPHが上昇しすぎる心配は無いようですが、もう少し、この状態のまま経過を観察して、稚エビの生存率の回復が無ければ、もう半分の底掃除を考えます。


Posted in 633-1水槽.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.