Skip to content


底砂(ソイル)メンテナンスから2週間

633-1レッドビーシュリンプ飼育水槽の、底砂(ソイル)の吸出し(半分程度)メンテナンスをしてから、2週間が経過しました。
飼育水の透明度はいい感じで、レッドビーシュリンプたちは元気にしています。 孵化ももうそろそろだと思うのですが、まだ、稚エビの姿は見つけられていません。 しかし、メンテナンスの結果も少しは有るとは思うのですが、もう春なのか、抱卵ラッシュがきています。 今も乱舞してましたが、今現在この水槽には50匹ほどのレッドビーシュリンプがいて、そのうち15匹近くがすでに抱卵しているのではないかと思います。 他の水槽も、抱卵ラッシュが来ているようです。
633-1水槽は、今まで稚エビ育ってくれなかったのですが、今回のソイルのメンテナンスの結果がいい方に出てくれる事を祈ります。 これがダメなら、もう一度、底掃除をして、それでもダメならリセットしかないのかな・・・?。 いい状態を、リセットなしで維持できるようになりたいのですが。


Posted in 633-1水槽.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.