Skip to content


ろ材交換から1週間経過

644レッドビーシュリンプ(クリスタルレッド)飼育水槽のろ材を交換してから、1週間が経過しました。
ろ材は、ポリエーテル製スポンジろ材からポリウレタン製スポンジろ材へ交換したのですが
全交換と言う、あまり推薦できない事をやってしまいました。・・・
偶然?では無いと思いますが、調子を崩していたレッドビーシュリンプたちが日に日に調子を上げてきて、3日連続で乱舞(今も乱舞してますから、4日連続)シーズンとは言え、どう見ても調子が良いのです。
ろ材をすべて新しいものへ交換してから1週間・・・立ち上がるのにはまだ早すぎるはずなのですが・・・。 ろ材以外はそのままでしたから、少しはバクテリアは残っていて、定着も早めでは有ると思っていますが・・・ま、何はともあれ、いい事です。


まだまだ、100%では決して無いので、しばらくは給餌も控えめで様子を見たいと思っています。
新規で立ち上げた場合、普通、少し水は白濁気味で、徐々に透明になって行き、水ミミズとかヒル?のすごく小さいのとかが浮遊するようになり、その後立ち上がってくるはずなのですが、もしかして、ポリエーテル製より、ポリウレタン製の方が、立ち上がりが早いのか???もしれないです。 ただ、ポリエーテル製より通気性は有りそうですが腰が無いので、寿命を考えた場合、どうなのか?? その辺もこれからわかってくると思います。
644は、抱卵ラッシュ?? でも、633-1と633-2のレッドビーシュリンプたちは、すごく元気そうなのですが、抱卵をしていない状態です。 ろ材の洗浄か、水換えでもして少し刺激を与えた方がいいのかも・・・。 そろそろろ材のメンテナンスをした方がいいのかもしれません。


Posted in 644水槽.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.