Skip to content


セット後24時間経過(644レッドビーシュリンプ飼育水槽)

長期維持水槽に挑戦(その2)
セットしてから、24時間が経過した水槽の様子・・・
セット後1日経過の様子
PHが、今朝方6.8だったのが、18時の時点でPH7.2まで上昇している。。。
やはり、袋にも書いて有ったとおり濾過一番サンドは、PH7前後にしてしまうようだ。
飼育水は、きれいに透明になりましたが、やはりPHが気になります。
朝より、今の方がPHが上昇するのは、ウィローモスによる光合成でCO2からOに変化してPHをあげているものと思いますが、今夜、どこまで下がってくれることやら・・・・安定するまでにはもう2~3日かかるんじゃないかなと思っていますが、PHが7以上になっているので、かなり危険な領域(私の今までの経験上)であると思います。
レッドビーシュリンプたちの動きも、気持ちおとなしくしている様に見えてしまいますが、元気そうではあります。 ☆にもなっていないのですが、PHが7以上の場合、アンモニアの毒性が強くなるらしいので、濾過槽がちゃんと働いてくれている事を願いたいのですが、バクテリア自体にも、今回のリセット時のPHの変化でけっこうダメージがあるんじゃないかと心配するところです。(アブナシス・・・)
濾過一番サンドのPH調整の効果が何時まで続くのかが、結構ポイントになってしまうのか??まだまだ始まったばかりですのでなんとも言えませんが・・・、
何年か前に”富士砂”で飼育していた時に、PH7.5あたりで、一度だけ爆殖した事もあるので、このまま順調に立ち上がってくれることを願っています。
給餌は、1週間ほど停止するつもりですが・・・見ていると与えたくなってしまいます。
少しずつ給餌をして行き、濾過バクテリアがうまく働いてくれてアンモニア→亜硝酸塩→硝酸塩へと変化して行き濾過一番サンドの効果も薄れて来る頃、少しずつPHは下がってくると思います。 それまでレッドビーシュリンプちゃんがんばってネ!


Posted in 長期維持水槽に挑戦.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.