633-1 レッドビーシュリンプ水槽 濾過メンテナンス

8月10日(日)
633-1、レッドビーシュリンプ飼育水槽の外部ろ材のメンテナンスをしました。
633-1 ろ材の様子
エーハイム2236のバケット4個の内、下2つを飼育水で軽く揉み洗いをして、それを上部にセット。
メンテナンス前の上部2個を下部へ移動。
ろ材は、飼育水で洗浄のため、メンテナンス後10リットルの足し水。
メンテナンス後、PH5.3からPH6.3に上昇。
この水槽のソイルの色は茶色で、ソイルが崩れ始めているせいか?ろ材も同じ色でした。 目詰まりはなく、スポンジはろ材として十分機能しているようです。
この水槽のレッドビーシュリンプ達は、ゆっくりですが順調に繁殖しています。
気になるのが、やはりソイルの寿命で、644レッドビーシュリンプ飼育水槽の飼育方法がうまく行けば、同じ飼育方法にする予定です。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。