Skip to content


6日目のレッドビーシュリンプ水槽

新規に644水槽を立ち上げてから、6日目、そして、レッドビーシュリンプ飼育開始から2日目です。
昨日アンモニアが検出され、633水槽のスポンジフィルターを644水槽内で揉み洗いすることにより、バクテリアの硝化作用に期待したのですが・・・
残念ながら、今日も644水槽飼育水から、アンモニアが検出されました。


濃度の細かい所まではわかりませんが、試薬の色から判定して、昨日とほとんど変わっていないようです。
立ち上がっている水槽のスポンジフィルターを、飼育水内で揉み洗いするくらいでは、簡単にバクテリアは定着してくれないのでしょうか? それとも、まだまだバクテリアの数が少ないだけなのか?わかりませんが、すぐに結果が出るような、甘いものでは無いようです。(少なくとも立ち上がりまでの期間は短縮される筈ですが・・・)
その反面、644水槽のレッドビーシュリンプたちは、つまつま度100%という訳には行きませんが、80パーセント~90パーセントくらいと、元気にしています。
飼育水の透明度は、少し濁っています。
PHは、5.6と低く、このおかげでアンモニアがあっても、アンモニウムイオンとなって、毒性が押さえられている物と推測します。
いずれにしても、給餌は厳禁状態です。
いい機会なので、アンモニアがいつ頃まで検出されるのか? それに伴うレッドビーシュリンプの状態も合わせて観察して記録していきます。


Posted in 644水槽.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.