Skip to content


まだPHは下がっている

644レッドビーシュリンプ、クリスタルレッド飼育水槽の状態ですが、
昨日の水換えから、24時間近く経過した時点で、またもや5.08PHと、5.1をきるくらいにまでPHが下がっていました。
水質を検査した結果、
アンモニウムイオン濃度・・・水換えの影響か、検出はされた物の試薬の色は明らかに薄くなっている。
亜硝酸塩・・・検出なし
硝酸塩・・・少量検出され始めたように感じる。(微妙という表現をしてきたが、それよりも少し試薬の色が濃くなっている)
レッドビーシュリンプの様子・・・少し動きが出てきた。つまつま度65パーセント(昨日と一昨日は60%くらい)(そう記録していたか??すみません)


・・・バクテリアが、このPHの低い水質で活動しているのか?硝酸塩が微量ながら検出されているように感じられます。 そろそろバクテリアが繁殖をしていてもおかしくは無いのですが、以前私が色々とバクテリアについて調べていた時に、PHがあまりに低いと、バクテリアの活動は停止してしまうような事が書いてあったのですが・・・。
亜硝酸塩に関しては、以前より微妙という表現をしていましたが、今回全く検出されないと言えるほどの試薬の色になっています。 という事は、微妙だと思っていた時には、微量ながら検出されていたのでは無いかと考えられます。
それでも、PHが5.1以下という状態は、好ましいとは思えませんし、もう少し、せめてPH5.8くらいまでは上昇させたいと考えています。
そこで、今回はアンモニウムイオンの吸着という意味より、PHを上昇させるという意味で活性炭を水槽内にぶら下げて見ました。 考えどおり、少しずつPHは上昇していますが・・・
はたして、この方法でPHを上昇させた水質が、レッドビーシュリンプが生存する上で、好ましい水質であればいいのですが・・・。
PHが上昇しすぎないよう、5.8~6.0くらいになれば活性炭を取り出し、レッドビーシュリンプの状態を見てみます。


Posted in 644メンテナンス.


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. タケちゃん says

    こんにちわ。2度目のコンタクトです。フィルムケースでのプラ退治おもしろそうですね。テトラミニ水槽水面に油が浮いてきました。モスも荒れ放題でやばくなっています。先日リセットのためにニシムタ(鹿児島のホームセンター)でフィルター買ってきましたが、エビを一時移す水槽が無い、うちのガキが持ってるグッピー水槽の予備を借りるのも癪にさわる。ヤッパ、エビ水槽は曲げガラス水槽がオシャレだ、高いけど。もうひとつの水槽予定どおり爆殖、でも三本バンドがチラホラ生まれてる。グレードダウン、虫眼鏡片手に一喜一憂、別の手には焼酎グラス、エビは水が命、私は焼酎が命とり?

  2. Nobuyuki says

    タケさん
    こんばんは。
    プラナリア捕獲、一度試してみてください。
    レッドビーシュリンプ、調子良さそうですね!
    家も、644水槽の方は、まだ調子が出ていないのですが、633水槽の方はいい感じで、もう少しで繁殖できる大きさに育つと思いますので、夏から、秋にかけて、良いんじゃないかと思っています。
    ほんと、エビは水が命ですね! 今まさに実感しています。!



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.