Skip to content


今日の633-1レッドビーシュリンプ水槽の様子

Sグレードレッドビーシュリンプを飼育開始してから、今日で38日目になりました。
Sグレードレッドビーシュリンプ38日目
繁殖サイズになるまでには、もう少しと言った所でしょうか。 でも、我が家に来た時よりもずいぶんと大きくなってくれました。
元気に、マッハでツマツマしています。
下の方に写っているのは、A/Bグレードの稚エビの取り残しです。 もう少し大きくなったら、別水槽に移動する予定です。


今日は、私の住んでいる滋賀県でも、気温が結構高くなりました。
ゴールデンウィークに、水槽用のクーラーをセットしておいたので、今日は安心して仕事が出来ました。
これからは、水温が上がり過ぎないように気をつけなければなりませんね!
冷却ファンでも、25~6℃までなら、十分下がってくれますから、レッドビーシュリンプを飼育して、初めて夏を迎えられると言う方がおられましたら、ぜひ、早めに導入する事をお勧めします。
その時に、冷却ファン用のサーモスタットも同時に購入される事もお勧めします。
冷却ファンごときと侮る無かれ! 下がりすぎる時もありますので・・・。(下がりすぎるといっても、エビに悪影響を及ぼすほど下がるわけではなく、電気代と、水の蒸発量を少しでも抑えるためにです。)
私も、別水槽には、冷却ファンとサーモスタットセットしています!
私の場合は、サーモスタットの設定温度が固定のため気に入らなかったので、ふたを開け、温度設定用のボリュームを少し下げて使っています。 固定用のサーモスタットでも、中にはちゃんと温度設定調節用のボリュームが付いてますから、中を開けてわかる人は、少し低めに調節してみては? わからない人は、触らない方が良いと思います(笑) そのままでも、十分ですから!


Posted in 夏の対策, 633-1水槽.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.