Skip to content


洗車スポンジ濾材セットから15日目の様子

10月21日に洗車スポンジ濾材をセットしてから、15日が経過しました。
外部ろ過層吸水口スポンジを取り外してセットした、633-1、644レッドビーシュリンプ飼育水槽は、やはり、ほんの少し飼育水の透明度は落ちてしまい、レッドビーシュリンプ達も心なしか?動きが落ちたような感じでした。 水質を測定した所、アンモニアは検出されませんでしたが、亜硝酸塩が、ほんの少し検出されているといえば、検出されているのかもしれないくらいのレベルでした。
2週間が経過し、透明度は徐々に上がってきて、レッドビーシュリンプの動きも良くなってきました。


644レッドビーシュリンプ飼育水槽は、もともと調子が出ていたので、立ち上がりも早かったように思います。(それにしても、2週間というのは、思いのほか早いようです。)
633-1レッドビーシュリンプ飼育水槽は、もともと調子が100%とはいえない状態で、その上、吸水口のスポンジフィルターをはずしてしまったものですから、一時期、やはり調子が落ちてしまい、何匹かの稚エビが(1センチくらい)☆になってしまいました。 水質を計った時に、微量ながら検出された亜硝酸塩が原因ではないかと思います。 今回、633-1飼育水槽はかなり危ない橋を渡ったようで、皆さんが、もしろ材の変更や、交換をする時には、十分注意してください。
その633-1飼育水槽も2週間目に入り、飼育水の透明度も出始め、徐々に良い方向へ向かっているように感じます。
633-2レッドビーシュリンプ飼育水槽は、洗車スポンジ濾材を入れた外部濾過槽を追加した形でセットしたので、問題は有りませんでした、これも徐々に調子が上がってきているようで、先日孵化した稚エビた達が、そこそこの生存率で、元気にしています。 この水槽には、ムネチカフィッシュファームさんから購入したレッドビーシュリンプ達なので、期待度大です。
洗車スポンジ濾材でのろ過の見直しの経過はまずまずなような感じです。
まだまだどうなっていくか? これからだと思いますが、徐々に経過はアップしていきたいと思います。


Posted in 洗車スポンジろ材の経過, 633-1水槽, 633-2水槽, 644水槽.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.